キャッシングを利用するなら知っておきたいお役立ち情報

お役立ちキャッシング

キャッシング金利と総量規制

消費者金融などのキャッシングでお金を借りる際に、
知っておきたいのが総量規制と年収制限、そして金利です。

借入限度額は収入によって左右されます。
年収が150万円の人ならこの年収の3分の1まで、
つまり収入による限度額は50万円です。
年収が300万円の人なら100万円までは借りることが出来るということです。
100万を超えると総量規制と関係なく申込みから一営業日以内にキャッシング利用したいという場合、提出すべき証明書などが必要になる可能性もあるのでさきにチェックが必要です。

借入額によって金利も変動

しかし、100万円で設定される金利とそれ以下では3%の金利差が出てきます。
現状の利息制限法では10万円以上100万円未満の融資は
年利18%、100万円以上は年利15%です。

いずれも利息制限法の最大金利で比較したケースになるのですが、
50万円借りた場合は年利18%で返済することになります。
この3%を利息の負担でみると重いものになります。

このように借入額が低いほど、金利も高くなってゆきますので、
金利の負担という側面からだけみれば、より多くの金額を借り入れたほうが、
返済時の負担を小さく抑えることができるということです。

より低金利な銀行

より多くの借入れをしたいという場合には、銀行からの借入れという選択肢もあります。
審査は消費者金融よりも厳しいものの、低金利のメリットがあります。
1%の利息はまだ軽くみえても、融資の額が大きくなると負担になります。
大きな金額借りる方法としては金利の低いところを選択するのがベストです。

ちなみに消費者金融で個人が収入証明書など不要で
借りることのできる最大の融資額は50万円です。

ただしこれは、法律上で確認の必要が定められていないだけで、
それぞれの業者の判断によっては、必要となってくるケースもあります。

例えば、年収150万円の人であれば総量規制によって50万円までしか借りられませんから、
収入証明を求められることは基本的にはないのですが、
これはそれまでに他の借り入れがない場合であって、
すでに30万円借り入れをしている場合などには、業者の判断によっては
収入証明の提出を求められる場合もあります。

加えて銀行のカードローンの中でも収入証明書など必要書類に提出でみると、
ネットバンクのカードローンは200万円まで年収の証明書が不要です。
銀行のカードローンは総量規制外でもあり、こうした点も併せて借入先を選ぶべきです。